日本語で数字を言われたとき、ぱっと英語が浮かびますか?

それとも漢字入りの日本語が浮かんじゃう?

「じゅうさんまん」

と言われたら

「13万」?それとも

「130,000」?

後者を頭にイメージすることが、英語への変換の第一歩です~。

ラジオで聴いたアメリカの中流階級の「1年間にかかるお金」の数字。

今日はこれをレッスンで練習しました。

「1年間でこんなにかかるの¥???」驚きとともに、

数字を練習しましょう!

4人家族の年間生活費(中流階級の理想を叶える)

「13万ドル!」

$130,000 (a year)

One hundred thirty thousand dollars (a year)

$1=120yenで計算すると。。。

「1,560万円!」

¥15,600,000

Fifteen million six hundred thousand yen

マジですか?

「しかし、これだけの収入を得られたのは、アメリカの16,000万世帯だけ」

「16,000万世帯」

Sixteen million households
「つまり、8世帯に1世帯ですね。」

「8世帯に1世帯」

One in eight households

または

One out of eight households

実際のアメリカの世帯所得の最近の中央値は

「5万ドルちょっと!」

A little over $50,000!

Fifty thousand dollars

日本円ではいくらかな? 現実おびてきました~。

 

言えたかな?

こんな話題やこんな練習、もっとしたい方はこちらにどうぞ。


横浜青葉区大人のやり直し英会話Eigostar Englishの体験お申込みフォームにジャンプします。

<中流>とも、ほど遠い我が家の父の日~。

100均とは思えない出来だ!娘よ、ありがとう。

fathers day 私がもらったわけじゃないのに、お手紙もらい泣き(笑)