英語教室なのに、能力開発にとっても力を入れているエイゴスター英語教室です。

今日の紹介は、「数字の能力」を伸ばす!

教室の皆様にはお馴染みの「サイコロ」使用法です。

まずは1~6までの数字の入力。

お子様って、じつは1~10まで数えられても、実際の「数」をまだ認識できない時期があります。

お経のように数は1~20まで暗唱できるけれど、これは「何個」?に答えられない、ってことです。

これができると、あら不思議!

将来みんな算数好きになってしまいます~

当教室では3歳~年少さんまでに「しっかりと」練習します。

image

サイコロの目を付けた手作りカード、裏返せば「数字」

それと沢山のサイコロ (小さい写真で、分かりにくくてすみません)

(1)サイコロ1個 6までの認識

最初は数えてもいいですよ!

徐々にカタチを覚えちゃうでしょう。

サイコロ5 これをみたら 「 Five! 」って答えてね。

素早く「パッと」一瞬見ただけで分かるまで。← 右脳刺激ですね。

素早くやるのが、コツです。

ご家庭でも「しっかりと」やっていただいてます。

(2)サイコロ 2つ 「どちらが大きい?」

サイコロを同時に2つふって、2つの数字を英語で言ってもらいます。

” Which one is bigger number?”

どちらの方が大きい数字?

大きい数字のサイコロを手に取って。

完璧にできたら次のステップ(3)へ

(3)サイコロ 2つ 「足し算」

ステップ(2)で大きな数のサイコロに、

小さい数のサイコロをたします。

” Addition!” = たしざん!

もう大きな数は数えなくてよいので、小さい数をたしていくだけ。

繰り上がりも完璧。

しかも、瞬時にできるようになります。

うーん、上手く伝わったかしら???

実際の生徒さん達のお姿をお見せしたいわ~

一心不乱に素早くサイコロをふり、瞬時に足し算していく姿。

もちろん全部英語です。

それは、それは圧巻~!

この圧巻な景色、ぜひ皆様も体験しに来てください。