【こどもの英語耳をつくりましょう】 資料は「エイゴスター」で検索 http://eigostar.net/

 おすすめ<1>

30分の短いCDを毎月作成 (我が家の英語子育て、および英語教室で実践中)

英語があふれる環境で育てたいですが、日本国内にいては限界が。

30分のCDを作り、繰り返し聴かせると、脳に残ります。

特に3歳以下のお子様には効果が大きい。子供たちがテレビCMをすぐに覚えてしまうように、英語歌やフレーズを口ずさむようになります。

<マザーグース、さわこの一日、などの教材紹介> ⇒ http://eigostar.net/2016/02/10/sawako/

おすすめ<2>

フラッシュカード

脳への働きかけも、相乗効果を生みます。

高速でカードをパッパッと見せる(フラッシュする)と、右脳の処理能力があがることが分かっています。

うまくカードを利用して、脳の活性化も図りましょう。
七田式フラッシュカード⇒http://eigostar.net/2016/02/10/flashcards-kanaechan/

<フラッシュカード実践>

 

おすすめ<3>

とにかく話しかける。

ママパパが一番の先生です。

たとえば、「牛乳ちょうだい!」牛乳=ミルク、milk

ちょうだい=give me ⇒ Can I have ~~

「牛乳ちょうだい!」 Can I have milk?

毎回このフレーズがでれば、牛乳が出てくる、という仕組みです。

ご家庭での子育て英語表現⇒http://eigostar.net/category/kidsenglishclub/raise-your-kids-in-english/

 

おすすめ<4>

英語の読み聞かせ

図書館に英語の本がたくさんあります。気軽にお試しください。

発音の良し悪しは、この際忘れて。お子さんが愛情を感じられるのが、一番の効果です。

 

【親子プチ留学】

1.情報収集

2.学校に問い合わせ Application formをサイトに載せている学校も多いです。

http://eigostar.net/2016/01/24/application-form/

3.予防接種 日本とアメリカの比較はこちら ⇒http://eigostar.net/2016/02/10/immunization-schedule/

4.学校の様子:アメリカの場合:プレスクール、幼稚園、小学校、中学の様子

夏だけのサマープログラムもあります。  ⇒http://eigostar.net/2015/05/20/study-abroad/

5.お子さんが学校にいる間、ママは?:プログラムや活動のおすすめ

6.費用 Oregon Episcopal Schoolの場合:夏期2weeksプログラム授業料のみ$530から(115円で計算)=60,950円