春休みに算数の文章題「どんぐり倶楽部」に取り組んでいる当教室の皆様に

たいへん嬉しいお知らせです。

この「どんぐり倶楽部」を作成されている糸山泰造先生から

直々にコメントを頂きました!

コメント

  1. クロッキー帳(大)の見開き2ページを使って、一題を解く。
    線分図(危険な絵図)はできるだけ使わない。
    使っている場合は、線分図では解きにくい問題を限定して出題し、数ヶ月かけて自然に、本当の絵図で解くよう修正する。
    など、用量用法を守ると、進化の速度が格段に速くなりますよ。

ますますやる気が出ますね!

糸山先生、ありがとうございました!

糸山泰造先生の公式ホームページはこちらです。