I got it!とYou got it! 了解!をどう使い分ける?

映画で英会話サークル Eigostar English

27Dresses 映画内のお客とタクシードライバーの会話

タクシーに乗り込み目的地を告げると、
ドライバーが「かしこまりました。」
という、よくある状況ですね。

Kevin: St. Marks and A.  (セントマークスとAアベニューまでお願いします)

Taxi Driver: You got it !   (了解!)

27 Dresses

You got it! は、「わかりました。」「かしこまりました。」の意味で使われていますよね。

前回のレッスンでは、You ではなく I のバージョンで 

I got it! を「分かりました」と学びました。

両方とも「了解しました!」の意味で使われる ” I got it!” と “You got it!”

辞書で引くとどちらも「分かりました」で、混乱しそう。

どのように使い分けますか?

覚えやすいように一言でいうと

「I got it」:相手の言ったことを理解できた時の「了解しました」

「You got it」:相手の頼み事や依頼をやってあげる時の「了解しました」

イメージできますか?

例文で見ていきましょう

まずは I got it

A: We are going to meet at Shibuya station at 5 o’clock tomorrow.(明日、5時に渋谷駅に集合ですよ)

B: I got it. See you tomorrow.(分かりました。それでは、また明日)

私が「渋谷駅に5時に集合する」ことが分かったので、そうします。

では、次に You got it

A: Can I have a cup of coffee? (コーヒー一杯頂ける?)

B: You got it! … Here you are! (分かりました=あなたにコーヒーお持ちしますよ。…はい、どうぞ!

コーヒーをちょうだいとお願いされたので、分かりました、そのようにしてあげますよ、
あなたにそれをgetさせてあげますよ。

のイメージ。

レストランやお店でもよく聞くフレーズです。

お客様相手だけでなく、だれにでも使えます。

例えばオフィスでも。

A: Can you email me that file for me? (そのファイル、私にメールしておいてくれませんか?)

B: Sure, You got it! (もちろん。承知しました)

何かお願いごとをされて、「はい、分かりました。(そのようにしてあげます)」のイメージですね。

非常によく聞くフレーズですが、よく質問されるこの言葉

ぜひ日頃から使ってみてください!

こちらのサークルで楽しく英会話を学んでいます。→★★映画で英会話サークル

======

映画で学ぶ英会話サークルでは、お仲間を募集しています。

横浜市緑区十日市場地区センターにて開催中。詳細はこちらです★★

体験レッスン受付中です(1回1000円)体験レッスンお申込みフォームのご利用が便利です
                  お申込みフォームが開きます。

27 dresses

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です