~日後に会いましょう!~分後に始めましょう!の英語 in/later/afterの使い分け

「~後に」を英語にするとき、いつでもafter やlaterを使っていませんか?

「〇分後に始めます」や「3日後に会いましょう」などはafter、later は使えず、in で表現します。

例えば

「その式は10分後に始まります。=あと10分で始まります。」↓

The ceremony starts in 10 minutes.

「次のツアーは20分後です。」↓

The next tour is in twenty minutes.

「3日後に会いましょう!」↓

See you in three days !

となります。

なぜ?と思った方✋

The ceremony starts in 10 minutes.

in 10 minutes は話している「今」を起点にして、「今から10分後」という意味です。

in は、これから起きる未来に注目している感じ。

in に注目すると、今からその将来の事柄までの間隔が「10分」にすっぽり入っている、って感覚でしょうか。

later と混乱した人いませんか?

なぜ、× The ceremony starts 10 minutes later. ではダメなの?

later は設定した「何か」から10分後という意味です。

10 minutes later は、「それから10分後」って感覚。

〇 The ceremony will start 10 minutes later after our lunch.
その式は昼食後10分したら始まります。

じゃあ、afterは?どんな風に使う?

after を使うのは

in が「未来」に対して使われるのに対し、after は「過去」について使われます。

× The ceremony starts after 10 minutes. →これはダメ

〇 The ceremony starts in 10 minutes. 
その式は10分後に始まる。

これならOK↓

〇The ceremony started after he arrived at the office.
その式は彼が事務所に着いてから(着いた後に)始まった。

また、afterの後に「何か」出来事を置き、その出来事の「あとに」と使えます。

The ceremony will start after our lunch.
昼食後にその式は始まります。

いかがでしょうか?

in/later/after

実際に使っている表現を聞いたり、ご自分で使ってみてください!

こちらで英会話のパートナーを務めます!

横浜市青葉区英会話Eigostar English →★★詳細はこちら

もうすぐお盆ですね

お式がはじまるよ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です