横浜市青葉区Eigostar English英会話・映画で英会話サークル

青春時代に観て、子育てを経験した今、再度観ました、娘と一緒に。

爽やかな涙にあふれます。

ミセス・ダウトファイヤーの言葉はとても説得力があるのです。

妻から離婚を突き付けられた父ですが、どうしても子供達に会いたい。

妻が募集している家政婦に応募して(女装してミセス・ダウトファイヤーと名乗り)、

子供達の前に現れます。

このシーン

 

主演のRobin Williamsが亡くなったときに、

映画会社が追悼にあげたクリップは、Mrs.Doubtfireの最後のシーン。

これだけでジーンときます。(ハッピーエンドです)

 

アマゾンで全編がすぐに見られます。↓

 

多分20年以上前に私が購入した古い本。

娘の部屋から出てきました。

本より映画の方が良かった、というのが

私達2人の印象です。