英検®準2級のライティングのコツ!簡単です。

準2級までは、「型」に沿ってライティングを書けば、スペルミスが防げて高得点が狙えます。

まずは、公式ホームページから例題に沿って説明します。(生徒様用ワードファイルはこちらです)

<「準2級」ライティングテストの問題例(見本)>
●あなたは、外国人の知り合いから以下のQUESTIONをされました。
●QUESTIONについて、あなたの意見とその理由を2つ英文で書きなさい。
●語数の目安は50~60語です。
●解答は、解答用紙のB面にあるライティング解答欄に書きなさい。なお、解答欄の外に書かれたものは採点されません。
●解答がQUESTIONに対応していないと判断された場合は、0点と採点されることがあります。QUESTIONをよく読んでから答えてください。
QUESTION
Do you think students should take part in club activities at school?
[準2級・満点解答例]
I think that students should take part in club activities.
I have two reasons.
First, students can make friends. For example, I met many nice people when I joined the art club.
Second, they can become healthier. If they join a sports team, they will exercise every day.
That is why I think they should join club activities. (58 語)

日本英語検定協会

英検®ホームページより引用

<ポイント>

型を決めるとラク。
問題: Do you think students should take part in club activities at school?

第1文:まず、自分の意見を表す ”I think that students should take part in club activities.”

①自分がYes!と思う場合はI think that…. No!と思う場合はI don’t think that….

②that以下には、問題文をなるべく使って書く。スペルミスを防げるから。
Yes!の場合: I think that students should take part in club activities.

No!の場合: I don’t think that students should take part in club activities.

第2文:”I have two reasons.” ←これはこのまま、いつも使えるよ。

第3文:理由 ① “First, students can make friends.”

First,(一つ目は)と書いて、理由を書く。

第4文:理由①を補強する文 “For example, I met many nice people when I joined the art club.”

For example, (例えば)と書いて、自分の経験を書くといいです。
3級よりも長く書く必要があるので例がないと短すぎてしまう。

第5文:理由② “Second, they can become healthier.”

Second, (二つ目は)と書いて、理由の2個目を書く。

第6文:理由②を補強する文 “If they join a sports team, they will exercise every day.”

Ifもし~したら、~なるでしょう。のような文でOK

第7文:結論として再度自分の意見を書く “That is why I think they should join club activities.”

Yes!のときは This is why I think….

No! のときは This is why I don’t think….

That is why~の他にも

For the reasons above, ~ (上記の理由から) 

Therefore,~(それゆえ)

も使えます。文字数をコントロールしながら使ってください。

たくさん練習すれば、上手く書けるようになります。

頑張りましょう!

こちらで添削、英検指導しています。お仲間にどうぞ。→Eigostar English 英検クラス

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です