フォレスト・ガンプ-人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない-英語では?

あまりにも有名な名台詞

Mama always said life was like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.

Forrest Gump

タイトルにある訳が頻出されるが、直訳すると

「ママがいつも言ってた、人生って箱に入ったチョコレートみたいだって。食べてみるまで何があるのか分からないのだから。」って感じ。

少し知的障害のあるフォレストのお話は、観ていて少々辛くなることもありましたが、

公開当時(1995年)から30年近く経った今、再度観ると、当時の印象とはまるで違いました。

アメリカの歴史的事件を知っていると、より理解が深まる作品です。

南部なまりはあるけれど、名セリフが散りばめられています。

Stupid is as stupid does.

Forrest Gump

「バカをする者がバカだ」

母親がフォレストに言い聞かせていたセリフ。

Stupid!(バーカ!)っていじめられる度に、そう反論します。

日本でも子供たちに言いませんか?

「バーカって言うものがバカなんだよ」って。同じですね。

Stupid is as stupid does. お子様にも教えられます。

Now my mama always told me that miracles happen every day. Some people don’t think so, but they do.

Forrest Gump

「ママがいつも言ってた、奇跡は毎日起きるんだよって。
そう思っていない人もいるけど、本当に起きているんだよ。」

純真なフォレストに触れて、周りの人は自然に励まされます。

奇跡は毎日起きるんだ

そう信じていれば、そうなる!って教えられる言葉です。

アメリカの歴史的背景も随所に見られるので、それを説明しているテキストがあればなお理解が深まります。

Forrest Gump、たくさんの賞を受賞している作品であるのも納得です。

DVD↓

スクリーンプレイ・テキストはこちら↓

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です