【英語パニックを脱出しましょう!】英語脳と日本語 資料は「エイゴスター」で検索

*直ぐに英語に変えられる力=英語脳。                      http://eigostar.net/

*たくさんの「簡単な英文」に触れて、蓄積して、使うことで英語脳が強化されます。

それでも、頭が真っ白!になるほどパニック!そんな時は。。。「日本語を少し変えてみましょう!」

これからのお話しは英語上級者さんには、「知っているよ」の内容かとは思いますが、パニックはだれにでも訪れるもの。そんなときに!。

 

(1)落ち着いて!まずは、「主語はだれ?」

(例1) 「ヒントあげます」を英語で?

 

Hint give?

日本語の文章では省略しやすい主語ですが、IやYouなどの省略を見抜くことで、英語が浮かびやすくなります。
「私があなたにヒントをあげます」                                      I give you a hint.

 

(2)英語にしやすい日本語に直して!並べ替えてみる。

(例1)「明日はピクニックだ」を英語で?

 

いきなり、Tomorrow is picnic…. とやってしまいませんか?

「 場面を「映像」で想像してみる」と主語がわかりやすくなる。

⇒ 明日はピクニック! I, go,  I, have,

だれが(主語) 私、もしくは私たち    I / We

どうする(動詞)(ピクニックに)行く/する    go / have

なにを(目的語)ピクニック               picnic

「=私たちは明日ピクニックに行きます。」 We will go on picnic tomorrow. / We will have a picnic tomorrow.

 

【英語学習のヒント】

英語のまま理解できるようになるには⇒「簡単な英語を大量にインプット」子供英語教材(裏面)も非常に有効。

「簡単な英語」とは、自分で簡単に覚えられるレベルの英文。

・「簡単」な英語に「たくさん」触れる ⇒ ラジオ、テレビ、動画など無料教材はたくさん。
NHK English, VOA, CBS News, NBC Nightly News, ⇒http://eigostar.net/2016/02/10/eisostar-listening/

 

【英語が得意でない人でも使える「英語マジック」】

この3動詞の「英文のカタチ」をおさえれば、どんどん文章ができてしまいます。お試しください

動詞が決まれば、「英文のカタチ」が決まる 詳細はこちら⇒http://eigostar.net/2016/02/10/global-english/

sound The story sounds true
find I find that story true.
give That story gibes me truth.

気を付けるべきカタカナ英語 <レッスンで実際にあったお話し> 詳細はこちら⇒http://eigostar.net/2016/02/10/japaneseenglish/

チャージするcharge / スマート smart / マンション mansion / マニア maniac

ラフな(格好で)rough / クレーム claim