横浜市青葉区英会話Eigostar映画で英会話サークル

Back to the Futureの映画を見て、英会話表現を磨いているサークルです。

今週は be supposed to ~

を学びました。

be supposed to~ ~することになっている、期待されている、しなきゃいけない

例えば

You are supposed to hand in the report by tomorrow.

明日までにレポート提出しなきゃいけないよ。

等々、使えますね。

今日は一歩進んで、Howと一緒に使う表現です。

特に、

How am I supposed to ~

私どうやって~すべきなのですか?
私にどうやって~しろっていうの?

これは

「そんなの無理です!」って意味になるのです。

映画中で、主人公Martyの母親がこう言います。

「男の子に電話をかける女の子なんて!なんてハシタナイ!
ママが若いころは、男の子を追いかけたり、電話をかけたり、車の中で話し込んだり、なんて
絶対にしなかったわよ。」

これを聞いたMartyの姉Lindaが一言!

Then how am I supposed to ever meet anybody?

じゃあ、どうやって出会いがあるわけ?(どうやって出会えるっていうの?無理じゃない!)

How am I supposed to ~

口に出して練習してみてくださいね。

映画で英会話サークルは、月に2回、十日市場地区センターで開催しております。

ご興味ある方は体験レッスンにいらしてくださいね。

サークル詳細はこちらです。

体験レッスンお申込みはこちらのフォームが便利です。