Tokyo2020 セーリング知ってる?ボランティアしてきました

日本ではあまり馴染みのない「セーリング」競技をご存じでしょうか?

これ、です!↓

公式HPからお写真拝借しました。

オリンピックのセーリングは「江の島ハーバー」で競技が開催され、

大磯プリンスホテルの全館がセーリング専用の「オリンピック選手村」となりました。

私はその「選手村」で選手のお手伝いボランティアをしてきました。

無観客のため、江の島をはじめ大磯近辺も交通規制で、閑散としています。

本来ならば、江の島ハーバーでは、観客はNTTの最新技術モニターによる臨場感あふれる競技を観られるはずでしたのに。。。

海に浮いた巨大モニター!5Gを駆使したNTTの威信をかけた技術の結集だそうです。見たかった。。。

(これは我が家のテレビニュース画面です 涙)

NTTのSailing 観戦体験はこちら

実際に見たらこんな感じかしら?↓NTT HPより

館内の写真撮影は禁止でしたので、このくらいしか掲載できるものがないです、残念。

選手村内部の詳細は口外禁止なので、お伝えできないのですが

私がオリンピック選手とお会いした(と言っても、ほんの少し会話してお手伝いしただけ、ですが)

感想は

「世界一流の人たちは、その運動能力のみならず、人格も世界一流!」ってこと。

みなさん、本当に穏やかな、素敵な方々ばかりでした。

決して怒らないし、ずーっと謙虚。

ご存じのように、今回のオリンピックは

「問題」に次ぐ「問題」ばかりでしたので →「変更」に次ぐ「変更」ばかりでしたので

現場ではスタッフの誰かが怒ってる、困って走り回っている、ドタバタな事がしょっちゅうでしたが

選手は一同に「おちついていらっしゃる」

さすが~!と感服いたしました。

どんなに素敵な方々だったかは、次回に!続く。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です