「悪魔は人生最高の瞬間に忍び寄るものだ」オスカー受賞式で新たな英語格言

オスカー賞の授賞式で、私の大好きな俳優Will Smithが、コメディアンに自分の妻の容姿をジョークにされ

舞台にあがり平手打ち(slap)したのが生放送されました。

ニュース等では、その平手打ち部分と、その後の「二度と私の妻の名前を口にするな(をf〇〇〇ワード満載で」

が繰り返し取り上げられ、翌日はニューヨーク警察が動くという騒動に。

Will Smithの奥様は、脱毛症に悩んでいることを公表していたのに(このコメディアン、知ってか知らずか)

「その髪型いいね。映画G.Iジョー2に出るんでしょ?待ちきれないよ。」とへらへら笑わっていいました。

短髪にした米兵のことをG.I ジョーと言いますが、そこから文字って女性兵をG.I ジェーンといい、デミームーアが主演した映画「G.I.ジェーン」が有名です。

コメディアンの言葉の暴力も嫌だし

平手でバチーン、も心臓に悪い。

こんなヒリヒリする状況に、素晴らしいアドバイスで彼をなぐさめ忠告した人がいると、

Will Smith本人が、オスカー賞受賞スピーチで涙ながらに語っていました。

これまた私の大好きな Denzel Washington

Willにこう言ったそうです

At your highest moment, be careful, that’s when the devil comes for you

Denzel Washington

人生最高の瞬間にね、悪魔って忍び寄ってくるものなんだ。
だから気をつけな。

うぅぅ、なんてかっこいいのでしょう。

今年のオスカー、いろんな意味で歴史に残るでしょう。

写真左 Will Smith
写真右 Denzel Washington

大好きなWill Smith様
お気持ち、お察しします。
でも…。
Slap以外に手はなかったかな。

写真はすべてネットから拝借しました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です