「ゴースト/ニューヨークの幻」で学ぶ英会話- Ditto

映画で英語サークル

原作はGhost 、邦題は「ゴースト/ ニューヨークの幻」

この時代はすぐに「ニューヨーク」とタイトルに入れたがりすぎ!

懐かしい作品です~。

印象に残る英語表現として、

彼女のモリー(デミー・ムーア)は、いつも

” I love you”

と口にだして表現するのに、

彼のサム(パトリック・スウェイジ)は 

”Ditto” (ディトォ)

というばかり。

Dittoは「こっちも同じ。右に同じ」みたいな感じ。

ちゃんと ” I love you, too”って言ってほしいモリーは、

なんだよ~、それ、Dittoって。~~

ってなるわけです。

しかし、この”Ditto”が大きな意味を持つのは、

のちに霊媒師のオダ・メイ(ウーピー・ゴールドバーグ)が、ゴーストになったサムの伝言を伝えに来た時。

亡くなったサムとコンタクトが取れる、なんて、とても信じられないモリーが

初めて信じることができたのはオダ・メイが

”Ditto”と発したとき。

二人にしか分からない、サムの口癖だったからです。

90年代に流行ったラブロマンス映画で、

当時映画館で見た方も多いのでは?

30年経って見返したら、思ったよりサムががっつり「ゴースト」だったこと(笑)

こういうお顔が当時流行っていたのかな?

演技の良し悪しが毎度話題になっていたデミー・ムアーは安定の美人さん。

ここでもピカイチ光っていたのは、ウーピー・ゴールドバーグでした!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です